ボロボロ皇帝のボロ切れと塊

ボロボロ皇帝が悪態、嫌み、好み、何でも己の視点だけで自由に吐く「偏」な場所。たまにExcel、家電、音楽等についても好きに吐いてる。

ボロボロ皇帝が悪態、嫌み、好み、何でも己の視点だけで自由に吐く「偏」な場所。
Excel、家電、音楽、ゲームイラスト小説映画、性癖について等、何でも好きに吐いてる。

どうでも良いかもしれんが背景色変わっていくの見てくれ。
更にどうでも良いかもしれんがアイコンが息してるの見てくれ。


我輩は何にも制約されない身、
「耐えぬ」事を恐れないと決めたのだ!
我輩は好きなときに悪態をつく!
妬み僻み嫉みを背負い、
マイナーだろうが邪道だろうが
我輩は我輩の道を行く!
好きなものは懸命で不器用な諸君,
嫌いなものは器用で完璧を気取った奴らだ。
         

【定期】車のオイル交換、した〜月1継ぎ足し、半年交換の助言〜

 

 

本日この記事の中身を書くのは二度目だ。

一回目、職場でVBE上にコメントアウトで入力していた。

しばらくして、退社時間が迫ってきたので、「お、そろそろ終わるか(^o^)」と思いながら最後にやる事務処理のため、別のExcelファイルを開いた。

それは数値を3つ入力したら勝手に数値を更に別のファイルに入力してあっちこっちから数値を拾ってきて最後に印刷する、みたいなマクロを実行できるファイルである。で、最後はちゃんとアプケーションを終了して閉じることまでする。

そう、終了する

我輩は記事内容を入力していたExcelの方は保存せずに、このマクロ有効ファイルを開いた。そして実行した。当然我輩が元々記事を書いていたExcelファイルは巻き込まれて消えた

慌てて開くも意味はない。そう、そういう風にプログラムを組んだのは我輩だ

 

いつもならミスらないのに(´;ω;`)

2000文字近く(もしかしたらもっと)打ってたのに(´;ω;`)

 

仕事中に記事を書いていたことに対する、天からの罰だろうか…

んなわけあるか!己の不注意だバーカバーカ!

 

 

ま、そんなわけでもう同じ内容は書けないので(絶望が凄くて無理)、

とりあえず箇条書き気味に書いていく。

 

・最近、またガババババ!と異音が鳴り出した(その前にキュルルルルルルとも言っていたが一旦放置)。

・それでもちょっと放置した結果、昨日、アクセル踏んだときの元気(加速力)が異様に弱くなっていた

・明日休みなので本当は明日までどうにか保ってほしかったが、さすがにもう40kmなんて走らせたら完全にイカれちまう予感がしたので、1時間早起きして出勤前にいつものホームセンターへ。

・カーピット埋まっていて、焦る

・とりあえず駐車場に停めて、カーピットに運良くいた我輩お気に入りの小柄なじちゃんに声をかける(以下、小爺※じいちゃんと言ってるが父と同じぐらいの恐らく60代半ば)

・小爺もうすぐ終わるで〜と言ってくれたので連絡を待つことに。

数分で連絡が来たのでカーピットへ。

小爺「3ヶ月前に(オイル交換)やってるのにやね( ´灬` )」

我輩「せやねん、ヤバいと思って持ってきたんや…」

小爺「確かにこれはアカンね( ´灬` )」

・小爺、相変わらず優しい口調。こちらを責める感じ一切無く最高

(まるで車の代弁者のように、こんなクソみたいな扱いしやがって、みたいな雰囲気を出す人もいるが、我輩はアレが苦手だ。本音を言えばちょっとでも出さんでほしい。そんなん分かっとるわい!でもこれ以上出来んのや!みたいな逆ギレ感情を抱く。小爺はマジでそういう空気感を出さない。ただ、事実を確認しあらまぁ、困ったねぇ、といった感じで車と対話するのみ、こちらを加害者のように扱うことはないのだ。そして優しい。※いわば病院に風邪引いた子供を連れて行ったときに親を責めない医者みたいな感じだろうか、うんうん、大変だったねぇ、みたいな。子供いないから知らんけど)

やっぱ小爺優しくてええなぁ…と思いながら、車から前回余りのオイルと、更にいつか余らせたがすっかり忘れて最近出てきた取っ手がアホみたいに錆びたオイル缶の、計2つを、これで頼んますと渡す。

小爺「これで足りそうやね。足りなかったら新しいの開けとくで。フィルター交換する( ´灬` )?」

我輩「する(^o^)」

・そんな感じで依頼し大体30分と言われ、なんの目的もなくホームセンターをうろつくことに。

・実際30分より早めに連絡が来て、またカーピットへ。

・小爺に交換後のオイルを見せてもらいながら助言をもらう。

 

1,オイルを1ヶ月に一回継ぎ足す

2,そしてオイル交換を半年に一回にしてみる

 

※そういや小爺に、オイル漏れてる…かな…?みたいなことも言われたな。それくらい減りようが尋常じゃない状況。

燃えてるのか漏れてるのかわからんが、漏れてたとして修理はしないので(オイル漏れ修理は、するならまた中古に買い替えたほうがマシレベルの金額にななると聞いたことがあるので)必ず助言どおりにしよう、と、それを覚えておくために今これを書いている。

 

ちなみに継ぎ足しに来たほうがいいよ、と言っていた小爺。それに対して、自分でやろうかな、と言うと、来るの大変かえ?と訊かれた。いや大変っつうか性格的に月1でも行かんやろなってのが本音で、それはさすがに言えんので、ちょっと仕事が…とごまかした。

すると、入れ方わかる?この印までが1リットル、この半分が0.5だからね、と教えてくれた。危うく適当入れるところだったので、マジでありがたい(小爺は、自分で入れていいんだよ、ここ(ホームセンター)儲けさせないで自分でやるほうがいいよ〜( ´灬` )と笑って言っていた、くぅ〜!優しいぜ!)。

 

ただ…

実は昨日、どうにかあと一日持たせようとほぼ悪あがき的に余ったオイルを入れようとした。そのとき、キャップがビビるほど固く、手が黒くなるのみでビクともしなかったのだ。

 

そういったこともあって、また開けられないとか意味わからん状態になったら頼もうと思い、自分で出来なかったらまた来ます、と言うと、いいよ、タダでやってあげるよ( ´灬` )と小爺。

ちょっとそれはさすがに申し訳ないしどうなんだ?!という気持ちで、いやいやそれは大丈夫です…!と返した。なんとなく言ってるだけかもしれんがマジでオイル持ってったらタダでやってくれそうなタイプでもあるんで、一応な。カーピット埋める以上、他客が来る機会を奪うわけで、タダはアカンやろ。

 

んで、オイルはあまりもんで無事足りたため、今回はフィルター交換も含めて1500円未満で済んだ。安い。

 

以上。

小爺はやっぱ優しい、そして、今度オイル買ってこよう、そう思ったのであった。

 

つかオイル缶写真撮っとけばよかったわ…。

 

 

↑よく見たら前2月5日だから約4ヶ月やんけ。前の忠告(3ヶ月に一回)オーバーしてるわ

※あとこの記事で小爺をフリットウィック先生扱いしてるが、この小爺より小さくて丸い爺が今日はいたのでその人がフリットウィック先生にふさわしい。

※前の記事でも同じようなことで小爺好ましいと言ってるわ。何回言うねん。

 

あと今気づいたが昨日の記事ダブってたな。多分、更新後のページリロードしたのがな原因だ。