ボロボロ皇帝のボロ切れと塊

ボロボロ皇帝が悪態、嫌み、好み、何でも己の視点だけで自由に吐く「偏」な場所。たまにExcel、家電、音楽等についても好きに吐いてる。

ボロボロ皇帝が悪態、嫌み、好み、何でも己の視点だけで自由に吐く「偏」な場所。
Excel、家電、音楽、ゲームイラスト小説映画、性癖について等、何でも好きに吐いてる。

どうでも良いかもしれんが背景色変わっていくの見てくれ。
更にどうでも良いかもしれんがアイコンが息してるの見てくれ。


我輩は何にも制約されない身、
「耐えぬ」事を恐れないと決めたのだ!
我輩は好きなときに悪態をつく!
妬み僻み嫉みを背負い、
マイナーだろうが邪道だろうが
我輩は我輩の道を行く!
好きなものは懸命で不器用な諸君,
嫌いなものは器用で完璧を気取った奴らだ。
         

【チェスト】組み立て方ミスって精神崩壊【収納ケース】

⚠注意⚠この記事の写真は相当画質が粗い&暗い(自室の照明器具ぶっ壊れてるから)。そこんとこ夜露死苦

 

 

ようこそ諸君、ボロボロ皇帝だ。

 

この記事で服入れるやつ買った、とお伝えした。そいつをさっそく組み立ててみたので、今日はそのことについてお伝えしよう。

 

 

仕事から帰ってきて、組み立てるぞ!という気力を保っているうちに、飯も食わず勢いで箱から出した、それ。

 

f:id:wornoutemperor:20210628221626j:plain

まあこんな感じの状態を見て、

へぇ、こんな感じかぁ(^o^)と思いながら、左側の袋を開けた。

 

 ちなみに5段チェストである。

どうでもいいがチェストって打つたびにオレンジレンジのチェスト!って歌が脳内でチェスト!部分だけ流れる(逆にそれ以外の部分は知らん)。

 

でまあ袋を開けると、脚というか、うまいこと引き出しを突っ込める形状にするべく、組み立てるための骨組の支柱みたいなものが、1、2、3、4…たくさん入っている。

 

それから、アレ(´・ω・`)と探してみた。

 

アレ?入ってないん?アレ?

 

ナニをかっつうと、組み立て図である。

 

いやいくら取説見ない派でもさすがに紙一枚も無いのは心細いっつうか…

チェスト組み立てるの初めてだからその…

ハジメテ捧げるのに心の準備ぐらいは…

 

みたいな処女の気持ち(童貞)になりつつ、遠目の箱をチラ見する。

 

あ、なんか書かれとるやんけ。

 

f:id:wornoutemperor:20210628221935j:plain

 

ああね、こんな感じで組みたてればええのんね(´・ω・`)

 

もう大丈夫である。この短いやつが4本が、一番下の脚ってことがわかっただけでもう十分。オッケー。

 

でなんやかんや短い脚を嵌めていたら、一箇所嵌める場所をミスり、最後の1本が入らなくなったので、

 

f:id:wornoutemperor:20210628221641j:plain

 

ステーキ切りますみたいなナイフを用意。

間違えた脚を引っこ抜いて、気を取り直し、また嵌めたりした。

あーミスってもこのやり方で引っこ抜きゃ大丈夫か(^o^)とか思いつつ、いつでも引越抜けるようにナイフを手元に準備したまま、どんどん組み立てていく。

 

だが、それ以降ナイフの出番が訪れる気配は無く…

 

f:id:wornoutemperor:20210628221823j:plain

 

というのも、一番下の脚部だけは、手前側と奥側でそれぞれ嵌め込み部分の形状が異なっていたのだが、支柱は形も全部同じでまるで嵌め込み位置など関係ない様子だったのだ。

 

それにしてもこの支柱(凸)、嵌め込む仕組みが結束バンドみたいな感じで、ツメ的なものが棚板部の嵌める部分(凹)と噛み合って抜けないよう引っかかるようになっているのだが、それがなかなか上手いこと引っかからない

一応、見た目には嵌っているのだが、そのきれいに嵌まってない感じが妙に気になり(ちょっと中で噛んでない部分が隙間になっているだけだが)、小刻みに揺らしたりしながら無駄に時間をかけてぴったり噛み合わせていった

 

そんなことをしていたら、だんだん飽きてきつつ、ようやく全部を組み立て終わり、

 

f:id:wornoutemperor:20210628221851j:plain

 

あとは、引き出しに全面パネルを引っつけて引き出しを入れて、終了という段階になった。

そして全面パネルを引っ付け終わり…

 

よっしゃまずは1つ引出し突っ込んでみるぞ!

 

やっと完成だぞーという気持ちで差込もうとするが、なんだか差し込みづらい

 

そのときに気づいた

 

f:id:wornoutemperor:20210628221912j:plain

 

お?

なんか書かれとるやんけ。

 

f:id:wornoutemperor:20210629000129p:plain

 

ま え (´・ω・`)

 

なんやこの「まえ」って。ご丁寧に「まえ」とか…

 

え?この「まえ」って書かれてる方と書かれてない方、若干形状違くね?

 

「まえ」と書かれてる方がフラットなのに対し、

 

f:id:wornoutemperor:20210628222006j:plain

 

書かれていない方の棚板部分はこのように、ちょっとボコッとしている。こう、ボコッと…。

ちなみに中三段は全て「まえ」と書かれていない。前のはずなのに「まえ」が無い。

裏側を見ると、「まえ」が書かれている。

 

これはもうどう考えても、

前後ろ逆である。

 

いやそもそも前後ろとかあったん…?!

だったらお前、脚みたいに支柱の形状変えとけよ!こんなんハマったらハメちゃうだろ!

 

クッソーめんどくせー…やっと終わったと思ったのに…。

 

いやでも抜けるはず。だって脚は一回抜いたし。ナイフあればイケるだろ。よし。

 

我輩の組み立て状況をおさらいしよう。

まずてっぺんから二段目までと一番下以外の中三段の棚板がまるごと反対を向いている

つまり、

f:id:wornoutemperor:20210629004457p:plain

このように、赤丸部分、上から二段目までと最下段部の柱までを残すように外し

この部分だけにし、こう、

f:id:wornoutemperor:20210629004508p:plain

くるっと反転させればいいのだ。

実に単純明快である。

 

さっさと引っこ抜いて終わらせようじゃないか!

 

 

…そう思ってからが長かった。

 

 

まず、

 

抜けない。

 

抜きづらいとかそんな問題ではなく抜けないのだ。

もう意味がわからないほど噛み合っている

もうこれには心当たり大有りだ。

組み立てるとき、馬鹿みたいに時間をかけて、ツメ噛み合わせたから。いやそうじゃなくても多分抜きづらかったんだろうが、あれをやったせいで完全に噛んでて外れない

ああああああなんであんな真剣に嵌め込んじまったんだぁあああああッ!!!!

 

引くほど外れず、ナイフ二刀流で挑むも、確かに隙間は開くのに抜けない。

 

いや抜き方とか載ってねーのかこれ。引っ越すときとかもさ、抜きたくなるときあるだろ。つーかどうすんだよミスったら!(ちゃんと読めって話だろうがそれができないのが人間である)

 

 

というわけで、さすがに人力でこれだけ抜けないので、なにか特殊な技でもあるのかと、箱を真剣に読んでみることに。

 

きっと何書かれているはずである。

 

f:id:wornoutemperor:20210628222028j:plain

 

f:id:wornoutemperor:20210629000145p:plain

 

本 製 品 は 一 度 組 み 立 て る と 取 外 す こ と が 出 来 ま せ ん 。

 

 

ア゙ア゙( ゚ 皿 ゚ #)?!?!!

 

 

ンなわけあるかよ!!!!人間が人間の手で組み立てたものに外せねえものなんてねーのだ!ふざけやがって!!!!!!

 

そうして戦いのゴングは鳴った

 

ここからは完全に根性である。

公式が外れねえぞwwwと言っている中、これはもはや己との戦い

だが本当に、どんなに力を加えても外れてくれないそれ。ただただ体力だけが奪われていく(あと時間)。

途中、もういっそ諦めて、引き出しちぐはぐに突っ込もうかなとかも考えた。前後ないとか逆に使い勝手いいんじゃね?とか。※どう考えても悪い。

腹減ってるのに飯を食う余裕もない。

まずは一本でも外さんことには自信もつかない、実績でものにするのだ、解体可能という根拠を生み出すのだ!!

 

そんなこんなで、最終的にはで押さえつけ、力込めまくってプルプルしながら大きなカブ体勢で引っこ抜こうとすること、早十数分頃。

一本がようやく抜けた!!

 

しかも破損無し!

 

おい見たかメーカー!抜けないなんてありえねーんだよ!この!外せませーん(^o^)とか言って気力へし折ろうとしやがって!

 

そうこうして、どうにか下段部を外し…

 

f:id:wornoutemperor:20210628222125j:plain

 

下段部の柱、4本中1本を軽く破損。最後の一本を外すときはどうやっても繋がりがなくなるので、完全に勢いでふっ飛ばす事になってしまい、さすがに割れたのだ。

だが、これだけで済んだなら上々である。こんなの破損のうちにも入らんわ

 

あと残り4本。あと4回もこれをやるのかと思うと気が滅入るが仕方ない。これも乗りかかった船である(己の作り出した泥舟)。最後までとことんやってやろうじゃないか!

 

というわけで残る上段付近にも手を付けた我輩。

さすがに飯を食いながらやってたが、チェスト分解に意識が行き過ぎてマジで軽く食欲が失せており、少食気味な食い方になってしまっていた。

 

下を外すより上のほうが外しづらく(重心とかの関係なのか)、もう嫌だ!早く終わりたい!あああああああ!という気持ちで、それでもなお我輩はナイフ両手に戦い続けた。

それからだんだんと、疲労変な慣れのせいで力の入れ具合もになっていき…

 

f:id:wornoutemperor:20210628222042j:plain

f:id:wornoutemperor:20210628222114j:plain

 

めっちゃ破損したけどやってやったぜ!

 

いやもうハマればいいんだよハマれば。

つか8本中3本負傷ぐらいのもんで、1本に至っては軽傷であるし、別に柱が真っ二つになったわけでもあるまい。この程度組み立てに影響無いこんな破損あって無いようなもんである!

 

 

そして無事組み立て直し、

激しく揺らし耐久度を確認。

 


頑丈頑丈!無問題無問題!

 

 

当初の予定を大幅に狂わされ、どうにか完成したチェストはこちら。

 

f:id:wornoutemperor:20210628222147j:plain

 

無事すべての引き出しがこちらを向いている

通常の10倍ぐらいの時間と体力を奪われた気はするが無事あるべき姿となった。

 

そういや破損した支柱を引っこ抜くとき、思わずその折れて尖ってる部分を己のに向けて引っ張ろうとしてしまったときは、恐ろしい未来が見えてヒヤッとした。一歩間違えたら死ぬか大怪我である

気づいて慌てて向きを変えたが、それでも力任せに引っ張ってるもんでコントロールしづらく、左頬に軽く当たりちょっと切った。


まあ全部がちぐはぐとかじゃなかっただけ、まだ運が良かったと言えるかもしれないが(そうだったら死んでる)、それでも、

組み立てミスったら地獄を見るという分かりやすい例であった。

 

あと翌日、全身を激しい筋肉痛が襲った。あまりに全身、至るところ、節々まで全て痛いので、実はインフルかコロナ!?とか思ったし(平熱)、最終的には精神までやられた(肉体的痛みは精神を病む要因になるのだな、と、強く実感した)。※その翌日には徐々に引いて平常心になった。

 

 

組み立てをミスるとこんな事になるので、諸君は間違えないように、と言いたいところだが、そもそも間違えないやつはこの記事とは無縁だろう。

なので、ここに辿り着いちゃった諸君はもう手遅れと見て、エールを送る

大丈夫だ。組み立てた以上、分解は出来る。

ミスっても意地と根性と力技で外せる!

だがくれぐれも、怪我だけはしないように。