ボロボロ皇帝のボロ切れと塊

ボロボロ皇帝が悪態、嫌み、好み、何でも己の視点だけで自由に吐く「偏」な場所。たまにExcel、家電、音楽等についても好きに吐いてる。

ボロボロ皇帝が悪態、嫌み、好み、何でも己の視点だけで自由に吐く「偏」な場所。
たまにExcel、家電、音楽、ゲームイラスト小説映画、性癖について等、マジで何でも好きに吐いてる。

どうでも良いかもしれんが背景色変わっていくの見てくれ。
NEW→更にどうでも良いかもしれんがアイコンが息してるの見てくれ。


我輩は何にも制約されない身、
「耐えぬ」事を恐れないと決めたのだ!
我輩は好きなときに悪態をつく!
妬み僻み嫉みを背負い、
マイナーだろうが邪道だろうが
我輩は我輩の道を行く!
好きなものは懸命で不器用な諸君,
嫌いなものは器用で完璧を気取った奴らだ。

   ボロボロ皇帝は自由を求めてやってきた。もう我慢はしないと決めたのだ。かぶらず着飾らず、我輩は悪態をつくのだ!
    ※初期不良の【海馬】を神様が返品交換してくれず約四半世紀付き合ってきた結果、嫌なことも含めて色々忘れる。そのため比較的楽観思考ではある。
    悪態は激しい興奮を覚えながら吐いている。

         

なんだかよくわからんけど机にお菓子があった。

 

我輩はお菓子が好きだ。

 

頼まれごとも、同時にお菓子くれるかくれないかによって、頑張り度やスピードが変わる。

まあもちろん金のほうが好きだが、社員間で金銭の受け渡しは禁止されているし、面倒事になる可能性もあり、実質不可なので、菓子は金に取って代わる通貨みたいなもんだ。

※だが未成年の頃は他人がくれるお菓子に、野良のボス猫レベルで警戒心を抱いていた(お菓子くれてもついていくなっつうアレが効きすぎていた)。

 

そんな本日。

出勤してみると我輩の席PCの横に、お菓子が軽くラッピングされて置かれていた

 

f:id:wornoutemperor:20210409064402p:plain

付箋紙が貼られている。

「ボロボロへ いつもありがとう 事務社員T」

f:id:wornoutemperor:20210409062422p:plain

 

事務社員T氏から日頃の感謝お菓子である。

 

ん?いつも何もしてないけどな

 

と、彼女のために本当に何もしていないので不思議に思いながら、とりあえずお礼を言わねばとシフトを見るも、T氏は本日休み。これは昨日置かれたものらしい。

菓子を手に取って裏を見ると、ラッピングフィルム越しにブラックサンダーと見える。今度は軽く表を見ると「プロ」と見えた。なるほど、ブラックサンダープロテイン入りか、こんなのあるんだな。

 

それから元あった位置にそのまま置いて、まあお菓子は嬉しいし、きっと何かのなんかだったんだろう*1と、あまり深く考えずに席に座り、普通に仕事を始めた。

 

それから休憩の時間がやってきて。

 

我輩は、

ちょうどもらったお菓子あるから食おっと、プロテイン混ざってるから腹持ち良さそうだな(^o^)

とか思いながら、ラッピングされた菓子を手に持って休憩へと入った。

 

それからタイムカードを切ってロッカールームに行き、ロッカールーム内のゴミ箱に空き缶を捨てて*2、ロッカーの中から新しいお茶(ストック)を取りがてら、お菓子をラッピングフィルムから取り出そうとした、そのとき

 

!?

 

 

何か、お菓子以外ものが入っている。

 

 

f:id:wornoutemperor:20210409062358j:plain

 

こ、これは…!!!

 

ダイソー朱肉不要スタンプ式印鑑じゃないか…!!!!!

 

我輩はその瞬間、ハッと思いだした…。

 

 

――話は1,2週間ほど前に遡る――

 

事務社員T氏は、毎日、事務所の金庫に入っている小口金をチェックしているのだが、その小口金は2名体制でチェックしなくてはならない*3。その際、T氏は誰かしら空いていそうな社員に声をかけ、一緒にチェックをお願いしており、我輩も近くにいるので呼ばれたりする。

 

チェック、と言うからには、確認しましたという意味を込めてチェック表に押印しなくてはならないのだが、我輩の印はもうほとんど死にかけ、いや死んだものを無理矢理、これでもかと搾り取るようにして使い続け…つまりどんなに強く押してもバカ薄だったのである。

 

 

その印は、ダイソー朱肉不要のスタンプ式のもの。

6、7年前はちゃんとペンタイプのシャチハタを持っていたのだが*4どうしたか忘れた。インク補充しても付かなくなったんだったか、なんだったか…。それ以来ずっとダイソーのそれにお世話になっている我輩。

というのもコイツ、相当コスパが高いのである。

110円のくせに、1年半は持つ*5

だったらペンについてる2000円ぐらいするアレ買わなくても、これでいいだろ(^o^)みたいな気持ちになるのである。

 

そんな高コスパなソイツを、元手は充分に回収したであろう時期を過ぎても、なお使い続けていた我輩。 

 

小口金を数え終わり、チェック表に印を押しながら、「スミマセン、めちゃくちゃ薄いっすね…」と本当に見えねえレベルで薄かったのでそう口にすると、T氏が「それ補充できないの?補充したいなぁ」と言ってくれる。

「これ補充とか出来ないヤツなですよ、ダイソーのスタンプみたいな使い捨てで、中に鉄の塊入ってて…」

とかなんとか変な説明をしながら*6

今度買いますスミマセン(^o^;)

と、再度謝ってそのときは終わった。

 

また2,3日後。

チェック一緒にしてくれや、と呼ばれた我輩。

チェック表を見た途端、

あー!!忘れてた!!ヤベー!!!

と思いながら、カッスカスに薄い押印

スミマセン!ちゃんと買います!ダイソーで!!

T氏にそう言って、このときも終わった(T氏には呆れたように、うん、そうして…と言われた)

 

――といったやりとりを、恐らく、計5回ぐらいは繰り返しただろう…。

 

印を押す瞬間はあー!!と思い出すのだが、胸ポケットに挟み込む*7その瞬間、もう本当に忘れてしまっている。視界に入らない限り思い出すことはない。挟み込むのがもはや忘却スイッチ状態だ。

 

 

あー!!→薄い→スミマセン!

無限サイクルに、恐らくT氏は見かねたのであろう。

 

わざわざ、丁寧に、菓子と一緒に、買って渡してくれたのである…。

 

ここまで気を遣わせてしまったその事実に…

 

あああああ!!!!申し訳ねえええええ…ッ!!!!!

 

そんな謝罪の気持ちで、即死んだスタンプ印からクリップを外し、若々しいスタンプ印にはめ込むと、さっそく胸ポケットに挟み込んだのであった。

 

挟み込んだが、絶対お礼言うのは忘れるなよ、ちゃんと言えよ、と己の頭にたたき込んで*8翌日。

「Tさん、これ本当ありがとうございます…!!わざわざすみません…!!」と言うと、T氏は、

「いやついでだったから。あと多分ほとんど小口金のチェックに消費してるはずだし、いつも立ち会ってくれてありがとう」

と笑って、更に気遣った言葉を返してくれた。

いえいえ、すみません、ありがとうございます、といった言葉を何度か繰り返し、席に戻った。

小口金のチェックにほぼインクを消費している可能性はもちろんゼロなのだが*9、我輩が買う買う詐欺な三歩で忘却鶏野郎なばっかりに、あり得ないぐらい気遣わせてしまった。

 

このことがあってから、買い置きしておこうか考えたが、使用せずに一年放置とかしたらインクが乾燥しないか心配であるので、やめた。

根本的な問題は、まさか、こんなこと(T氏巻き込みスタンプラリー)になるとは思ってなかったので、

まあ今度買うわ(^o^)買うのめんどいな(^o^)

という気持ちが根底にあって、即忘れしても個人的には「まあいざとなったらさすがに買うし」程度に思っていた事にあるので*10今度からはしっかり頭に叩きこむか普通にメモっておこうと思う。申し訳なさすぎる。

 

 

そういえば一緒に入っていた菓子のことだが。

 

我輩はマジで目がおかしいようで、ブラックサンダー×プロテインだと思っていたそれは全然そんなことは無く

その名もブラックサンダープリティスタイル パブロチーズタルトというもので、プロテインは無関係であった。

恐らく、

f:id:wornoutemperor:20210409012758p:plain

このパッケージのパブロブロプロと見間違え、更に黒と黄色強そう、という勝手なイメージでプロテインだと思い込んでしまったのだと思う。そもそもスタンプ印鑑入ってるのに気づいたのも、開ける寸前でだったからな…。見えてないにも程がある。シフト上当日T氏が休みだったから良いものを、出勤していたら、スタンプ印に気づく前に「お菓子あざーす(^o^)」とか的はずれな礼を言っていただろう。今思えばゾッとするぜ…。

 

あ、菓子の味に関しては、チーズケーキの味は別に感じられなかったが、普通に美味いものだった。

 

見間違いと先入観はをも生む、そんな話で(も)あった。

 

 

*1:クソ適当だが本当にそんなことを思っていた。

*2:我輩は年中お~いお茶を飲んでる、別に好きなわけではなく、ただ安くて普通に飲める味だからだ。ちなみにスーパーとかのオリジナルブランドのお茶はクソマズくて飲めたもんじゃ無い※もらったら飲むけど。

*3:ちなみに我輩が大サボりしている事を告解した記事での経理系の事務社員とはT氏のことである。

*4:家にあっためちゃくちゃ古いやつ。

*5:我輩が買いに行くの面倒くさがって限界超えても使い続けてるってのもあるが。

*6:おもりとしてマジで鉄の塊が入っている。それを抑えるための発泡スチロールが更に入っている。

*7:挟めるようにクリップみたいなもんを付けている。これは昔使ってたシャチハタのペンから取ったヤツ…なので、やはりシャチハタペンは無くしたのではなく普通に使えなくなったんだろう。

*8:挟み込むと忘却の彼方なので。

*9:別のもので消費率高いものがある。

*10:実際これまでがそんな感じで、バカみたいに薄くなって、何回もヤベー薄いな(^o^)みたいなことを思う事で、徐々に記憶に刷り込まれ購入に至っていた。